April 26, 2017

Review Category : 環境

NPO法人犬と猫のためのライフボート

 

photo02

 

photo03

 

photo04

寄付の目的

犬猫のフード代、消耗品代、医療費、施設の維持管理費用など。
保健所に持ち込まれた犬と猫を施設に保護し、新しい飼い主さんを探すまでの活動費用として使わせていただきます。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

団体名
NPO法人 犬と猫のためのライフボート
責任者稲葉友治
所在地〒277-0924
千葉県柏市風早2-3-16
TEL04-7190-1919
活動概要保健所で殺処分されるはずだった犬と猫を団体施設に保護し、新しい飼い主さんを探すことで命を救う活動を行っています。そのために主に下記を実施しています。

1.千葉県柏市郊外に保護施設を持ち、年間1,500頭以上の犬と猫を保護・譲渡しています。全国10の自治体と連携し、これまで13年で一万頭以上の救命実績があります。

2.施設内で動物病院を運営し、譲渡する犬猫たちには必ず不妊手術を施すことや、地域猫活動のための外来を受け付けています。
HPwww.lifeboatjapan.org
領収書1,000円以上のご寄付の場合に発行します(希望者のみ)
寄付金控除ありません
お礼状原則メールでのお礼とさせていただきます

 

 

read more

一般社団法人 日本聴導犬推進協会

 

キッチンタイマー2

 

目覚し時計

 

自転車

 

P5261037

寄付の目的

聴覚障がい者の自立と社会参加の為に、聴導犬を育成・普及させる。
その為の育成費や(犬の食事や医療費、訓練の諸費用)、
普及活動費(イベント参加などの諸経費やパンフレット等の印刷費)として使わせて頂きます。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

団体名
一般社団法人 日本聴導犬推進協会
責任者山﨑恵子(やまざき けいこ)
所在地〒356-0051 埼玉県ふじみ野市亀久保2201-5
TEL049-262-2333
活動概要・聴導犬の育成
・聴導犬の普及活動
HPwww.hearingdogjp.org
領収書1,000円以上の寄付者の方にのみ発行
寄付金控除ありません
お礼状1,000円以上の方にのみ発行

 

read more

富士山朝霧高原の道路景観を守る活動

dourokanri(1) pitimente(3) putimente   寄付の目的 富士山のすそのに広がる朝霧高原の美しい風景を守るため、地域の住民や事業者、NPO等が道路脇の草刈やごみ拾いをするための活動費に充て、持続的な活動とするため。

BOOK募金_WEB申込フォームBOOK募金_電話申込みブック募金_申込書ダウンロード

団体名
富士山朝霧高原景観管理協議会
責任者会長 竹川 将樹
所在地〒420-0882 静岡市葵区安東2-2-24(NPO法人地域づくりサポートネット内)
TEL054-248-1539
活動概要富士山西麓の朝霧高原を貫く国道139号沿道の雑草の草刈やごみ拾いを地域住民、事業者、NPO等が継続的にボランティアとして行う。
HPwww.gururi-fujisan.net/
領収書発行いたします
寄付金控除不可
お礼状3,000円以上のご寄附を頂いた方に発行いたします
read more

NPO法人 樹木・環境ネットワーク協会

DSC02983

NPO法人樹木・環境ネットワーク協会

NPO法人樹木・環境ネットワーク協会

NPO法人樹木・環境ネットワーク協会

 

寄付の目的

全国14箇所での緑地の保全活動や子ども向けの自然体験プログラム等の実施に活用させていただきます。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

団体名
特定非営利活動法人 樹木・環境ネットワーク協会
責任者理事長 澁澤 寿一
所在地〒101-0021 東京都千代田区外神田1-1-5昌平橋ビル206
TEL03-6206-9063
活動概要森林保全の見地から持続可能な「自然とともに生きる社会」の実現を目指す市民団体として1995年に設立。
1999年にNPO取得。“自然との調和を保つ社会づくり”を推進することを目指して、
行政や企業、他NPO等の様々な機関や人々と連携を図りながら、
多様な生態系保全に配慮した自然再生活動としての「森づくり」と、
「森づくり」が実践できる「人づくり」を行う。また、森の活用に対するコーディネートも行う。
HPhttp://www.shu.or.jp/
領収書発行いたします
寄付金控除不可(現在認定に取組中)
お礼状3000円以上のご寄附の際に、発行いたします
read more

認定NPO法人 環境市民

環境首都創造ネット

 

エコスクール

 

リーダー養成講座

 

 

寄付の目的

皆様からのご寄付は、日本を地域から、市民の力で持続可能で豊かな社会にしていくための活動に使わせていただきます。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

 

団体名
認定特定非営利活動法人 環境市民
責任者杦本(すぎもと)育生
所在地〒604-0934 京都府京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町225番地 第二ふや町ビル206号室
TEL075-211-3521
活動概要「持続可能で豊かな社会」を創るため、地域から市民の力で日本を変える活動に取り組んでいます。目先の問題よりも、中長期的な視野を持ち、社会、経済、制度的な構造を変える、つまり「社会の流れを変える」ための先進性・専門性とともに、「生活者の視点」を大切にしながら、主に次の4つの課題に取り組んでいます。

1.エコシティーを創る
日本のトップ・ランナーをめざす自治体と、研究者、環境NGOで「環境首都創造ネットワーク」をつくり、持続可能な社会のための政策立案サポート、日本政府などへの政策提言などに取り組んでいます。

2.豊かなライフスタイルを創造する・経済をグリーンにする
買い物、消費者の視点から経済の流れを変える活動として、環境や健康、生活の豊かさを大切にして買い物する人=グリーンコンシューマーを日本国内に広げる活動に取り組んでいます。また、紛らわしい環境広告・表示(グリーン・ウォッシュ)を防止する仕組みづくりに取り組んでいます。

3.エコロジーな次世代を育む
将来世代の選択の権利を保障できる社会を次世代に残すため、シティズンシップ(市民としての権利・責務を果たすこと)を大切にした環境教育に取り組んでいます。大人対象の環境教育リーダー養成にも継続的に取り組んでいます。

4.市民の発信で社会を変える
あふれる環境情報のなかから、マスメディアがあまり取り上げない情報を積極的に発信しています。「環境市民マガジン 流れを変える」を年4回発行するほか、コミュニティFM、メルマガ、SNS、U-streamなど、多様な媒体を使った情報発信に取り組んでいます。

そして「だれもが参加できるNGO」として、活動は多くのボランティアが支えています。またセクターの枠を越え、行政や企業などとのパートナーシップ活動にも積極的に取り組み、多くの実績を有しています。 1992年7月設立。昨年(2012年)で20周年を迎える老舗の環境NGOです。2013年12月には認定NPOを取得しました。
HPhttp://www.kankyoshimin.org/
領収書希望された場合に、発行いたします
寄付金控除可能です
お礼状1,000円以上のご寄附の際に、発行いたします
read more

特定非営利活動法人 遠野まごころネット

特定非営利活動法人 遠野まごころネット

 

特定非営利活動法人 遠野まごころネット

 

特定非営利活動法人 遠野まごころネット

 

特定非営利活動法人 遠野まごころネット

 

寄付の目的

東日本大震災 岩手県被災地の支援活動

 

BOOK募金_WEBにて申込み

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

団体名
特定非営利活動法人 遠野まごころネット
責任者理事長 多田一彦
所在地〒028-0542 岩手県遠野市早瀬町2-5-57
TEL0198-62-1001
活動概要東日本大震災の発生以来、岩手県大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市と遠野市で、瓦礫撤去から「なりわい」づくりまで幅広い被災地支援活動を展開しています。
現在は「地域振興」をテーマに、
◆コミュニティ農園「まごころの郷」
◆なりわい創出コミュニティ施設「まごころたすけあいセンター」
◆障がい者自立支援「まごころ就労支援センター」
◆被災受験生への奨学金給付プロジェクト「まごころサンタ基金」
などの事業をおこなっています。
HPhttp://tonomagokoro.net
領収書発行いたします
寄付金控除対象外
お礼状1,000円以上の場合発行(領収書共)
read more

タンザニア・ポレポレクラブ

子どもと

 

植林地

 

苗畑

 

 

寄付の目的

東アフリカ・タンザニアのキリマンジャロ山麓で、村人たちが取り組む植林活動の支援をのために役立てられます。

 

BOOK募金_WEBにて申込み

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード_タンザニア・ポレポレクラブ

 

団体名
タンザニア・ポレポレクラブ
責任者藤沢俊介
所在地〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-28-15サンライトハイツ301
TEL03-3439-4847
活動概要タンザニア・ポレポレクラブは、森林減少の進む東アフリカのタンザニアで、村人たちと協力しながら「植林活動」に取り組んでいます。また地域住民による活動の持続性確保と安定した生活の実現を目指して、「活動の自立」、「生活改善」支援事業に取り組んでいます。
 国内では、市民(社会人、主婦、学生など)が自分たちの力で取り組む自主活動の場を提供しており、現在タンザニアの人々と協力する手工芸品チーム、日本国内での農作業チームが活動に取り組んでいます。
 また毎年2月には、一般の方を対象として、キリマンジャロ山麓の村に入り、村の中で生活しながら村人とともに植林に取り組む『植林ワークキャンプ』を開催しています。
HPhttp://polepoleclub.jp/index.html
領収書発行致します。
寄付金控除不可

 

read more

AAR Japan[難民を助ける会]

001

障がい者のための職業訓練校で理容・美容の技術を学ぶ生徒たち(ミャンマー)

 

002

東日本大震災の直後から、岩手、宮城、福島で、主に高齢者や障がい者、
放射能の影響下で暮らす方々の支援をしています。

寄付の目的

皆さまからお預かりしたご寄付は、AARが世界各地で行う緊急支援、地雷対策、障がい者

支援、感染症対策などのために大切に活用させていただきます。

 

ブック募金_WEBにて申込み

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

 

団体名
AAR Japan[認定NPO法人難民を助ける会]
責任者理事長 長 有紀枝
所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2ミズホビル7F
TEL03-5423-4511
活動概要 現在はアジア・アフリカ・中米の14ヵ国で、緊急支援、障がい者支援、地雷・不発弾
 対策、感染症対策、啓発(国際理解教育)を5本の柱に活動に取り組んでいます。
●緊急支援:災害や紛争が起こった際に、難民や帰還民、被災者への緊急支援を行います。
●障がい者支援:地雷被害者などの障がい者のための車いす製造・配付や、職業訓練、
 理学療法、災害時支援、地域に根差したリハビリテーション(CBR)を実施しています。
●地雷・不発弾対策:地雷や、クラスター爆弾などの不発弾の被害に遭わないための
 教育や、被害者支援、除去支援などの対策を行っています。
●感染症対策:HIV/エイズ対策やマラリア予防などの感染症対策を行っています。
●啓発(国際理解教育):国内ではチャリティコンサートなどのイベントや報告会の開催、
 訪問学習の受け入れ、講演などに積極的に取り組んでいます。
HPhttp://www.aarjapan.gr.jp
領収書2,000円以上のご寄附の際に、領収書を発行致します。
寄付金控除
read more

公益財団法人 埼玉県生態系保護協会

001

水のトラスト地を水源とする九十三四郎滝

 

002

ツキノワグマが子育てをする奥秩父ムジナ沢の森

 

003

水のトラスト地内の自然林に咲くシャクナゲ

寄付の目的
2002年に基金を立ち上げて以来、皆様からのご支援により、確保できた森は約 153haとなりました。しかし、子どもたちや将来の人々に確実に手渡さなければならない水源の森は、たくさん残されています。
頂戴したご寄付は、水のトラスト地をできるだけ広げるための森の買い取りや、 1人でも多くの方に、多様な生きものが棲む水源の森を守ることへの意識や行動 が、広く深く浸透することを目指した普及啓発などに充てさせていただきます。

アイコン_WEBにて申込み

BOOK募金_電話申込み

アイコン_申込書ダウンロード

 

団体名
公益財団法人 埼玉県生態系保護協会
責任者会長 池谷 奉文
所在地埼玉県さいたま市大宮区宮町1-103-1 YKビル5F
TEL048-645-0570
活動概要首都圏の水を支える秩父の森をはじめとして、水源地の森のゆくすえは、今のと
ころ、いち所有者にゆだねられ、確実に守り続ける仕組みが日本にはありませ
ん。また近年は外国資本による山林取得も懸念されています。
「水のトラスト」は、みんなでお金を出しあい、秩父の森を買い取って守る活動
です。安全な水とおいしい空気、そして多くの生きものを守り、子どもたちや将
来の人々に手渡すために、あなたの力をお貸しください。
HPhttp://www.eco-saitama.or.jp/japanese/mizutora/top.htm
領収書希望される方に領収書を発行いたします。
お礼状1,000円以上のご寄付にお礼状を発行いたします。
寄付金控除(詳細はこちら)

 

read more

認定NPO法人 生態工房

 

生態工房001

 

001-2

 

寄付の目的 当会は「身近なみどりを豊かな自然に」をキャッチコピーに、今では少なくなってしまった武蔵野の身近な自然の保全・復元を目標に活動しています。 外来生物の防除や植生の管理作業を行うと共に、市民への理解を拡げるための外来生物問題の解説活動や、自然に親しむためのさまざまなイベントを行っています。 こうした活動は、皆さまからの寄付金で成り立っております。 活動をより推し進めるために、皆さまの温かいご支援を頂ければ幸いです。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

アイコン_申込書ダウンロード

 

団体名
認定NPO法人 生態工房
責任者理事長 安部邦昭
所在地〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-9-22 フラットK 101
TEL0422-27-5634
活動概要都市部の自然で、ミドリガメやアメリカザリガニ、ブルーギルといったといった水生外来生物の防除や、雑木林や草はらの植生管理など、「地域固有の生物多様性」を維持・再生するための自然保全活動を行っています。
都立光が丘公園バードサンクチュアリでは、土日祝日の開園日にスタッフが解説をしています。
また、外来生物問題の普及啓発や、地域住民への環境教育、現場で得られた知見を広く一般に広めるための報告書の出版など、市民への知見の還元も行っています。
身近な生きものに親しむきっかけになるような、リアルかわいいオリジナルグッズの製作・販売もしています。
HPhttp://www.eco-works.gr.jp/
領収書年間寄付金額500円以上の方(毎年1月~12月までの「一年間」にて集計)
寄付金控除

read more