September 26, 2017

Review Category : 全国

認定NPO法人DPI日本会議

障害者リーダーたちの世界のネットワーク

障害者リーダーたちの世界のネットワーク

復興に障害者の視点を!陸前高田から宮古まで歩きました

復興に障害者の視点を!陸前高田から宮古まで歩きました

誰もが使いやすい交通機関へ。国土交通省との交渉。

誰もが使いやすい交通機関へ。国土交通省との交渉。

スカイツリーのバリアチェック

スカイツリーのバリアチェック

 

寄付の目的

DPI(障害者インターナショナル)日本会議は、「われら自身の声」を合言葉に活動する障害当事者団体です。
障害があってもなくても、地域の中でいきいきと、当たり前に暮らせる社会をめざし、障害者自身が様々な問題に取り組んでいます。
また、東日本大震災の被災障害者への支援を、岩手・宮城・福島の3県を中心に継続しています。
活動の継続と発展のため、皆様からの温かいご支援をお願いします。

 

BOOK募金_WEBにて申込み

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_DPI日本会議_申込書ダウンロード

 

団体名
認定NPO法人DPI日本会議
責任者議長 山田昭義
所在地〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11-8武蔵野ビル5階
TEL03-5282-3730
活動概要  “DPI”は、Disabled Peoples' International の略で、日本語では「障害者インターナショナル」と訳します。
認定NPO法人DPI日本会議は、国際的なNGOであるDPIに加盟した国内組織として、全国86の加盟団体で組織されています。
○介護サービス・交通バリアフリー・まちづくり・教育・労働・所得保障など、障害者に関わる施策の政策提言(国会、関係省庁との協議、ロビーイングなど)
○調査研究、各地でのイベントや講師派遣、障害者リーダーの養成、情報発信、点字印刷
○東日本大震災の被災障害者支援組織「東北関東大震災障害者救援本部」の運営
○相談機関「DPI障害者権利擁護センター」の運営
○アジア太平洋・アフリカ地域を中心とする、各国の障害者との連携や研修事業、障害者の権利条約の推進
HPhttp://www.dpi-japan.org
領収書発行致します。
寄付金控除
read more

AAR Japan[難民を助ける会]

001

障がい者のための職業訓練校で理容・美容の技術を学ぶ生徒たち(ミャンマー)

 

002

東日本大震災の直後から、岩手、宮城、福島で、主に高齢者や障がい者、
放射能の影響下で暮らす方々の支援をしています。

寄付の目的

皆さまからお預かりしたご寄付は、AARが世界各地で行う緊急支援、地雷対策、障がい者

支援、感染症対策などのために大切に活用させていただきます。

 

ブック募金_WEBにて申込み

BOOK募金_電話申込み

ブック募金_申込書ダウンロード

 

 

団体名
AAR Japan[認定NPO法人難民を助ける会]
責任者理事長 長 有紀枝
所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2ミズホビル7F
TEL03-5423-4511
活動概要 現在はアジア・アフリカ・中米の14ヵ国で、緊急支援、障がい者支援、地雷・不発弾
 対策、感染症対策、啓発(国際理解教育)を5本の柱に活動に取り組んでいます。
●緊急支援:災害や紛争が起こった際に、難民や帰還民、被災者への緊急支援を行います。
●障がい者支援:地雷被害者などの障がい者のための車いす製造・配付や、職業訓練、
 理学療法、災害時支援、地域に根差したリハビリテーション(CBR)を実施しています。
●地雷・不発弾対策:地雷や、クラスター爆弾などの不発弾の被害に遭わないための
 教育や、被害者支援、除去支援などの対策を行っています。
●感染症対策:HIV/エイズ対策やマラリア予防などの感染症対策を行っています。
●啓発(国際理解教育):国内ではチャリティコンサートなどのイベントや報告会の開催、
 訪問学習の受け入れ、講演などに積極的に取り組んでいます。
HPhttp://www.aarjapan.gr.jp
領収書2,000円以上のご寄附の際に、領収書を発行致します。
寄付金控除
read more

NPO法人フリースクール全国ネットワーク

001

 

フリースクール2

 

寄付の目的

フリースクール全国ネットワークは、全国各地で子ども中心の理念に立って活動するフリースクール等のネットワーク。
いじめや体罰、その他さまざまな事情から、一般の学校ではない場所で学び・育つ事となった子どもたちが、安心して毎日を過ごし、 成長していけるよう、活動を続けています。
このネットワークの活動・組織基盤の整備・強化のため、寄付を募集しています。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

アイコン_申込書ダウンロード

 

団体名
NPO法人フリースクール全国ネットワーク
責任者奥地圭子・増田良枝
所在地東京都北区岸町1-9-19
TEL03-5924-0525
活動概要子ども中心の理念に立って活動するフリースクール、不登校の子どもの居場所、ホームエデュケーションネットワークなどの団体が連 携・協力・交流し、フリースクールの合同文化祭やスポーツ大会の開催、フリースクールや不登校に関わる人材育成・研修、フリース クール等の立ち上げ支援等の活動を行っています。
また、不登校や子どもの育ちに関わる政策提言事業も積極的に行い、多様な個性を持つ子どもたちが幸せに生きられる社会づくりのた めに活動しています。
HPhttp://www.freeschoolnetwork.jp/
領収書ご希望があれば送付いたします
寄付金控除不可

read more

NPO法人グローバル・スポーツ・アライアンス

 

1ビーチスポーツフェスタ2

テニスボール1

10_2

 

スポーツ用品提供Arigatou

 

 

寄付の目的

スポーツを通じた環境活動や被災地のスポーツ復興支援活動、
開発途上国へのスポーツ用品の支援などの活動に活用します。

 

BOOK募金_WEB申込フォーム

BOOK募金_電話申込み

GSA_申込書ダウンロード

 

団体名
NPO法人グローバル・スポーツ・アライアンス
責任者理事長 三浦雄一郎
所在地東京都渋谷区南平台町4-8-207
TEL03-3461-3082
HPhttp://www.gsa.or.jp/index.shtml
活動概要次世代の地球市民のために、スポーツを通じた地球環境保全に関する啓発活動、スポーツ用品のリサイクル、スポーツ施設の環境改善などに関する事業を行い、子どもの健全育成および地球環境と共存する新しいスポーツ文化の創造に寄与。
領収書
寄付金控除不可(仮認定NPO取得申請中)
お礼状3000円以上の寄付者様にSRP活動参加証明書を発行しております。

read more

国際環境NGO FoE Japan

201205さよなら原発

脱原発、エネルギーシフトを訴える市民活動

 

421109.TIF

気候変動の影響を受けるホッキョクグマ

マングローブを植林する現地住民(インドネシア・ジャワ島)_2

マングローブを植林する現地住民(インドネシア・ジャワ島)

寄付の目的

気候変動の抑制や森林保全、新たなエネルギー社会の実現に向けた普及・提言活動に
、開発による環境への影響や、廃棄物の発生抑制の調査活動など、皆さんからのご支援で「持続可能な社会」を実現します。

○例えば
・原発事故以後、福島にて、被ばくを低減する暮らし方や、支援法について学ぶ勉強会を行っています。
気候変動の国際交渉における議論を分かりやすく伝えるセミナーを開催します。
違法伐採を市場からなくすための法律の制定を国会議員の方々に働きかけます。
・廃棄物の発生を抑制するまちづくり、くらし方について調査・提言を行います。

BOOK募金_WEB申込フォーム

ブック募金_電話申込み

FoE Japan_申込書ダウンロード

 

団体名
国際環境NGO FoE Japan
責任者ランダル・ヘルテン
所在地〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
TEL03-6909-5983
HPhttp://www.foejapan.org/
活動概要FoE Japanは、地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGOです。気候変動や森林破壊、途上国の開発援助などの国際的な環境問題への取組みから、国内における脱使い捨て社会の実現に向けた活動など、幅広く活動を行っています。
領収書希望者全員に発行
寄付金控除
寄付金額9月度: 2,250円
read more

24時間テレビ36 愛は地球を救う(終了)

寄付金額:(前半)722点 8,230円 (後半)135点 7,730円 合計 857点 15,960円 となりました。

大勢の方に、ご参加頂きまして、誠にありがとうございました。雨の中持って来て頂き、感謝感謝です。

ブック募金では、来年も参加できるならば、参加したいと思っております。来年も宜しくお願い致します。

 

BOOK募金では、24時間TV36を応援しております。 寄付の使われ方 福祉「お年寄りやからだの不自由な方への支援」 環境「地球環境保護支援」 災害援助「災害緊急支援」 に活用されます。

※詳細は、24時間TV公式ホームページを参照して下さい。 (http://www.ntv.co.jp/24h/contents/how2013.html

read more

乳がんをなくす ほほえみ基金 

ほほえみ基金

寄付の目的

 

「乳がんをなくす ほほえみ基金」は、公益財団法人日本対がん協会が、20034月にピンクリボン活動など乳がん征圧のために設けた基金です。乳がんの正しい知識の普及啓発、乳がん検診の推進、検診機器整備、専門家の育成、患者支援などに活用されています。

 

○主な使い道

 

・乳がんの正しい知識の普及啓発活動。

 

・乳がん検診従事者の育成のために乳房超音波講習会、マンモグラフィ撮影技術講習会を開催。

 

・ピンクリボン活動をしている患者会・啓発団体が地元で行うピンクリボンイベントへの助成。

 

・年間を通して専門医による乳がんの無料相談を実施。5月の母の日周辺、10月の乳がん月間中には乳がん電話相談ウイークを開催。

 

・患者・体験者向けセミナーの開催。(治療の副作用でおこる美容上の悩み(脱毛、色素沈着・シミなど)にこたえる美容セミナーなど)

 

・乳がん受診率向上キャンペーンとして、乳がん検診(マンモグラフィ)無料クーポンの発行・配布。(2010年~12年の3年間で12,000人を超える女性が検診を受診)

 

このほかにも乳がん征圧のため様々な事業を展開している。詳しくはhttp//www.jcancer.jpまで。


アイコン_WEBにて申込み

アイコン_電話申込み
アイコン_申込書ダウンロード

団体名
公益財団法人日本対がん協会
責任者垣添 忠生
所在地東京都千代田区有楽町2-5-1
有楽町マリオン13F
TEL03-5218-4771
HPhttp://www.jcancer.jp/
活動概要「乳がんをなくす ほほえみ基金」は、公益財団法人日本対がん協会が、2003年4月にピンクリボン活動など乳がん征圧のために設けた基金です。多くの企業・個人の皆様からお寄せいただきました寄付で成り立っています。ご協力・ご支援をお願い申し上げます
領収書の発行領収書は発行されません。
お礼状は、100円以上の寄付金の場合のみとなります。ご了承下さいませ。

read more

全国HIV/AIDS活動団体支援(CBO)

センター展示

CBOとは、Community Based Organizations(コミュニティ ベースド オーガナイゼーション)の略で、「地域のコミュニティに根ざした活動団体」という意味です。

日本では、今でも1日4人が、HIV/エイズに新しく感染、発症しています。人ごとではないこの状況を、地域から全国に発信しています。
みなさんからいただいた寄附は、HIV/エイズ予防啓発とセクシャルマイノリティの理解を深める活動に使わせていただきます。

オートレースリボン

 

リボンツリー

 

 

アイコン_申込書ダウンロード

 

read more